データ通信の速度は、通信回線の帯域の太さ

普通は、データ回線がふとければ一気にアクセスが増加しても、速度が低下しにくく、しっかりとした設備であれば、通信データを安定して供給できるので、アクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。

以上のことから会社を選ぶ際は、低価格ということだけでなくきちんとしたサービス品質を提供できる選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。

今あるスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、ネットワークに接続できません。

これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

格安SIMが使えれば、スマホ料金を安くすることができます。

ソフトバンク等だと月額6000円以上もかかる通信費ですが、仮想移動体通信事業者だと月々1000円ということも。

一回は、確認してみても良いかもしれません。

iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います。

docomo回線の事業者であれば、ドコモのiPhoneであればそのまま使えます。

auやソフトバンクのiPhoneは残念ながら使えません。

そうなったら、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、ロックを解除する、または、下駄を使うことになります。

今、格安SIMを販売している多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

よって、製品スペック上の通信速度は「最大150Mbps」など、どこも同じような感じになっています。

けれども、通信速度チェックを実際に行ってみるとMVNOによって大きく異なるんです。

たとえば、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。

どの事業者も同一のドコモ回線を使っているのにどうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。

その理由はデータ通信の速度は、通信回線の帯域の太さと設備のところに影響を受けるということがあります。

この「回線帯域の太さ」とこの「設備」とは仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。

格安SIM初心者の方や、これのみで使っていくためにきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、NTTdocomoやauから出ているサービスを選択するのもありかもしれません。

安価にデータ通信ができる格安SIM。

例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。

LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。

SIMカードとは、ドコモではUIMカード、KDDI(au)ではauICカード、ソフトバンクでは「USIMカード」と呼ばれている小さいICカード(SIMカード)のことです。

携帯端末に、ドコモなどのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、最近よく話題に挙がるようになりました。

スマートフォンやタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。

Softbank、au、ドコモなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、SIMを他社のものが使えないSIMにロックがかかっているのです。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、docomoの端末の場合は、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMのSIMカードをそのまま利用することができます。

あわせて読むとおすすめ⇒おすすめ格安SIMだとかけ放題もないのことが多い?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です