格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます

たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、利用者が増加しても、通信速度は低下せず、しっかりとした設備であれば、データを素早く処理できるため利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

したがって事業者を選定の際には、価格だけでなくサービス品質も考慮して会社を選ぶ必要があることが分かります。

大手キャリアのスマートフォンやタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、SIMを他社のものが使えないロック(SIM)がかかっています。

しかし端末にSIMロックがかかっていても、ドコモの端末であれば、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)のSIMカードを使うことができます。

安価にデータ通信ができる格安SIM。

月額1000円前後の格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。

LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。

実は、スマートフォンにSIMをセットしただけではネットワークに接続できません。

これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、SIMだけを購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。

安いサービスはちょっと心配という方や、これだけで使っていける実績のある安定したサービスの格安SIMを求めている人は、ドコモやauが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います。

ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。

でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものは実は使えないのです。

そのような方は、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、SIMロック解除をなんとかする、または、下駄を使うことになります。

格安SIMが使えれば、通信費の削減が出来ます。

大手キャリアだと月に7000円以上もかかってきますが、格安のSIMを使うと月に1000円程度なんていう費用に。

一度、考えてみても悪くないのではないでしょうか。

今、格安SIMを販売しているおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

そのため、カタログスペック上のデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どの会社でも大きな差異はない状況です。

しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみると仮想移動体通信事業者によって違っています。

例をあげると、ランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

さまざまなMVNOもdocomoの回線を使用しているにも関わらず、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、「回線帯域の太さ」と通信の設備に影響されるからです。

この「回線帯域の太さ」と「通信設備」はMVNOによって異なっています。

そもそもSIMとは、ドコモではUIMカード、KDDIでは、auICカード、softbankではUSIMカードという名前の小型のICカード「SIMカード」のことです。

携帯電話に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、かなり注目されているわけです。

こちらもおすすめ>>>>>テザリング可能な格安SIMのおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です