LTE側の通信を使いきると制限がされることが

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。

LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

格安SIMはちょっと不安という方や、これのみで使っていくために実績のある安定したサービスの格安SIMを求めている人は、ドコモやauが提供している格安SIMを選ぶことをオススメします。

格安のSIMを売っているほとんどの事業者(MVNO)は、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。

そのため、カタログスペック上のデータ通信速度は最大で150Mなど、どこも同じような感じになっています。

とはいえ、速度を実際に計ってみるとMVNOによって大きく異なるんです。

具体例としてランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。

多くのサービス提供元も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

その理由として通信速度は、帯域の太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。

「回線の帯域の太さ」と「設備の品質」とは仮想移動体通信事業者によって違うんです。

一般的には帯域が太い場合には、利用者が増加しても、ネットワークの速度低下は発生せず、設備投資がしっかりしていれば、データを安定して処理できるのでアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。

以上のことから会社を選ぶ際は、価格だけでなく回線や設備の品質も含めて事業者を選択する必要があることが分かります。

おすすめサイト>>>>>格安SIM を家族でシェアってできますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です