SIMカードは他社のカードが使えないロック

スマートフォンや携帯電話網に接続できるタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、SIMカードは他社のカードが使えないロック(SIM)がかかっています。

しかし端末にSIMロックがかかっていても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)の格安SIMのサービスを利用することができます。

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

格安SIMはちょっと不安という方や、これだけで使っていける実績のある安定したサービスの格安SIMを求めている人は、大手キャリアが提供している格安SIMを選択するというのもありですね。

今、格安SIMを販売しているほとんどの事業者(MVNO)は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

そのため、仕様としての速度は最大でも150M程度など、どの会社でも大きな差異はない状況です。

けれども、通信速度チェックを実際に行ってみるとMVNOによって大きく異なるんです。

例えば、通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

いろんな会社も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

なぜかというと通信の速度は、帯域の太さと通信の設備に影響されるからです。

「帯域の太さ」と「設備の品質」とは会社によって異なるものです。

SIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードau(KDDI)では「au ICカード」、ソフトバンクでは「USIMカード」と言われている小型のICカード「SIMカード」のことです。

携帯電話に、ドコモなどのものではなく、格安SIMを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、最近注目されるようになっています。

低価格のSIMを使うことができれば、携帯代の削減ができます。

au等ですと7000円から9000円ほどかかる費用が、MVNOだと月に1000円程度という料金プランも。

一度、検討してみてもいいのではないでしょうか。

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

月々1000円のものもある格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。

LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。

実際にはスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、ネットワークに接続できません。

理由はスマホでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMの場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、一気にアクセスが増加しても、ネットワークの速度低下は発生せず、通信設備にちゃんと投資をしていれば、データを安定して処理できるので利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。

よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、価格だけでなくきちんとしたサービス品質を提供できる事業者を選択する必要があることが分かります。

格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。

docomo回線の事業者であれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。

でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものはそのまま利用することはできません。

そのような方は、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、SIMロックを解除する、下駄などを使って何とか認識させることになります。

よく読まれてるサイト⇒xperiaと格安SIM。そもそもテザリングできる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です