特定保健用食品の認定を受けている

妊娠が発覚した後、葉酸を摂取し始めたという方が多いのではないでしょうか。

それでは、この葉酸をいつまで摂取するのが正解なのでしょうか。

胎児の成長のために葉酸を摂取されている、という場合は、妊娠中だけの摂取でも、もちろん構いません。

ですが、葉酸は妊娠中の母胎をサポートしてくれるだけでなく、普段の生活においても様々に活躍してくれます。

例えば、体のバランスを整えるために葉酸は不可欠の栄養素ですので、出産後も続けて葉酸を摂るようにすることで健康の手助けとなってくれますから、ぜひ出産後も葉酸の摂取を続けましょう。

妊娠を希望する多くの方はご存知だと思いますが、妊活において最も重要視する事と言えば、食べ物の事ではないでしょうか。

妊活をしている方ならば、いつ赤ちゃんを授かってもおかしくないという事ですので、妊娠が発覚するよりも前の受胎時の段階で、十分な栄養で満たされているように、妊活中から健康的な食事を心がけましょう。

中でも葉酸は、妊娠初期には十分に摂取してもらいたい栄養素のひとつです。

忘れがちですが、妊娠検査キットによって妊娠が確定するより前から赤ちゃんを授かっているのです。

いつ妊娠するのか、それは誰にも分かりません。

いざ妊娠した時に十分な栄養で満たされているように、なるべく早い時期から胎児に葉酸を与えられるようにしましょう。

葉酸の摂取について、最も理想的なのは食事の中で十分な葉酸を摂る事だと言えます。

葉酸は様々な食材に含まれていますが、含有量の多いものといえば、モロヘイヤ、小松菜、菜の花などが有名ですし、それ以外では納豆や枝豆、ホタテもそうです。

幾つかの食品を紹介しましたが、こうしたものを毎日ちゃんと食べることが難しい方は、サプリメント等を活用するのがおススメですね。

サプリなんて、と感じる方も居るかもしれませんが、サプリでの摂取は厚生労働省も推奨している摂取法ですし、理想的な摂取量を簡単に摂取できますから、おススメです。

クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。

結婚して3年目くらいまでは、タイミングを見計らって努力しても、授かることができず、義妹や姉のところに子供ができると、焦ったり悲しかったりでした。

ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに早々に妊娠が発覚しました。

薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。

妊婦にとって重要な栄養素である葉酸、卵巣に影響を与える鉄分は、得てして不足しやすいという特徴があります。

普通の食生活で推定される摂取量では、適切な量の摂取が難しいとされています。

ですからサプリで補給するのが簡単でしょう。

サプリによっては、一粒で葉酸と鉄分どちらも補給できるという便利なものも売られていますので、こうしたサプリを選べば不足しがちな成分を、簡単に摂取できるという訳ですね。

妊活は主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。

しかし、男性に出来る妊活があるのか、疑問に思いませんか?実は、男性にもお勧めしたい妊活があります。

それが葉酸の摂取です。

ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは母親側だけの問題かというとそうではなく、男性側の問題だというケースもあります。

特に注目したいのは、精子の染色体異常です。

これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。

葉酸は女性の妊活にとっても必須のものですが、男性の精子の質を高める効果が報告されています。

ですので、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。

適切な葉酸の摂取の結果、お腹の中の赤ちゃんの先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が科学的見地からも認められています。

このような研究結果から、妊婦が葉酸を積極的に摂ることを厚生省が認めており、妊婦に対して摂取を呼びかけています。

実際に葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。

また、こうした食品の中には特定保健用食品の認定を受けているものもあり、妊婦が利用する場合もあるようです。

さて、葉酸とは具体的にどのような栄養素だと思いますか?葉酸とはビタミンB群のひとつで、ほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名ですね。

葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。

なぜなら十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、あるいは流産の可能性を減らす効果があります。

厚生労働省の発表によりますと、妊娠初期の場合は1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。

食材だけで摂取することが難しいと考える方は、サプリメントで葉酸を補給するのも大丈夫です。

近年、葉酸が妊娠中に与える効果に注目が集まっています。

葉酸の摂取によって、胎児が先天性神経管異常などの障害を発症するリスクを下げるという目的から、妊娠を計画する女性や妊娠初期の女性が摂取を心がけるように推奨されている栄養素です。

日常の食生活で十分な葉酸を摂れるのならば問題ありませんが、つわり等で体調が優れない時には、食事をするのも辛い時がありますよね。

そうすると食べ物からの摂取が難しい、なんてこともあると思います。

無理な食事は体調を悪化させてしまいますから、食事は控えめにして、葉酸はサプリ等の栄養補助食品を利用することで不足しがちな葉酸もちゃんと摂ることが出来ますから、こうしたものを利用するのも良いと思います。

胎児のための栄養を一番に考えている妊活中の女性にとって、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。

妊活中の女性がよく飲んでいるお茶の中でも、タンポポ茶やルイボスティーなどの名前が挙がりますね。

あまり馴染みのないお茶かもしれませんが、これらのお茶はカフェインゼロですから、いつ赤ちゃんを授かっても不思議ではない女性にも、胎児の成長にも優しい、理想的な飲み物です。

ルイボスティーの常飲は、貧血予防になるという話ですから、無事に妊娠した後も、ぜひ飲み続けてみましょう。

PRサイト:中学生アルギニンは身長を伸ばすのか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です