通信速度チェックを実際に行ってみると各社によって違う

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。

SIMとは何かというとドコモではUIMカード、KDDIでは、auICカード、ソフトバンクでは「USIMカード」という名前のIC型のカードのことです。

携帯端末に、大手キャリアのものではなく、格安SIMを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、かなり注目されているわけです。

実際にはスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、ネットワークに接続できません。

理由はスマホでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

格安SIMをiPhoneで使いたい人がいると思います。

ドコモの回線を使用している業者であればそのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。

しかし、softbankやauのものは残念ながら使えません。

そうなったら、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、ロックを解除する、下駄などを使って何とか認識させることになります。

普通は、データ回線がふとければ利用者が増加しても、通信速度は低下せず、通信設備にちゃんと投資をしていれば、安定したデータ処理ができるのでユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。

以上のことから会社を選ぶ際は、低価格ということだけでなく安定したサービスを提供出来る事業者を選択する必要があることが分かります。

格安SIMや格安スマホを販売しているおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

したがって、スペック上のデータ通信速度は最大で150Mなど、どこも同じような感じになっています。

けれども、通信速度チェックを実際に行ってみると各社によって違う場合があります。

たとえば、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。

いろいろな仮想移動体通信業者も同一のドコモ回線を使っているのに通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。

なぜかというと通信の速度は、回線の帯域である太さと設備のところに影響を受けるということがあります。

「回線の帯域の太さ」と「通信設備」は会社によって異なるものです。

NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。

安いサービスはちょっと心配という方や、ベースとして使って行けるサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、docomoやKDDIが提供している格安SIMを選ぶことをオススメします。

仮に格安SIMを使うことができれば、携帯代の削減ができます。

ソフトバンク等だと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、MVNOだと月額1000円以下なんていう料金になることが。

一回は、確認してみても良いかもしれません。

大手キャリアのスマートフォンやネットワーク接続できるタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

Softbank、au、ドコモなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、SIMカードは他社のカードが使えないSIMロックがかけられています。

けれども、SIMロックがかかっていても、NTTdocomoの場合は、ドコモの回線を借りている事業者の格安SIMのSIMカードをそのまま利用することができます。

よく読まれてるサイト>>>>>格安SIMと家族と割引で