胎児の先天的障害の発症を抑える

妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。

葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、適切に摂取を続けることで、胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります。

具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。

胎児が健康的に成長するためにも、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は是非、葉酸を意識して摂取してみてくださいね。

葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科で妊婦への積極的な摂取が求められています。

サンプルの葉酸サプリを配布している産婦人科もあるようです。

しかし葉酸の有効性はここ最近注目を浴びたものですので、妊娠中に葉酸を摂っていなかったと不安に思っている方もいますよね。

もし、葉酸摂取の不足を心配されている方も安心してください。

葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でも肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。

なので、普段通りの食事をきちんと摂っていれば、多少は摂取できているという事ですね。

葉酸も、摂りすぎてしまうと副作用が出てしまいます。

例えば寝つきが悪くなったり早くに目が覚めてしまうといった不眠症の症状や、食欲不振や吐き気などの内臓疾患、あるいはむくみなどです。

特に妊娠初期の方は、体調や栄養を気になさると思いますが、かえって過剰な葉酸摂取へ繋がることがありますので気をつけましょう。

一番理想的なのは、バランスのとれた食事による葉酸の摂取なのですが、数か月に渡って毎食毎食バランスの良い食事を準備するのも難しいと思います。

そうした時に葉酸サプリを活用すれば、摂取量も簡単に管理できますから、推奨される摂取量をちゃんと摂りたい場合には最適な方法だと言えますね。

妊活中には、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。

普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、ルイボスティー・タンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。

あまり馴染みのないお茶かもしれませんが、これらのお茶はカフェインゼロですから、妊娠する可能性の高い女性にとっても、赤ちゃんにとっても優しいお茶で、妊活中に飲むのにぴったりだと言えますね。

ルイボスティーの常飲は、貧血予防になるという話もありますから、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だという事ですね。

「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、女性が行うものだと考える方も居ますよね。

ですが、男性に出来る妊活があるのか、疑問に思いませんか?実は、男性にもお勧めしたい妊活があります。

それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。

不妊などの原因は母体にあるばかりでなく、意外にも夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。

原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。

葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。

ですから、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。

妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。

細胞分裂が行われる、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれる可能性が高くなるそうなのです。

こうした事を踏まえ、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、日常的な食事以外に、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。

適切な葉酸の摂取の結果、お腹の中の赤ちゃんに葉酸が働きかけることで、先天的な神経管障害が発症しにくくなることが認められています。

ですから、妊婦に対して葉酸の積極的な摂取を厚生省が勧告しているのです。

例えば葉酸サプリに代表される補助食品のうち、いくつかは特定保健用食品に指定されているものもあります。

こうしたものは、安全性と有効性の高さから妊婦が利用する場合も多いです。

胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段の食事だけでは不十分になりがちです。

ですから葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取が良いとされています。

では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、食後30分以内の摂取が理想的です。

なぜなら食事で摂れる栄養素が、サプリによって補給された葉酸に作用することで、葉酸の効率的な働きを促すことが出来ます。

逆に、胃に何も入っていない状態で摂取すると、葉酸が効率的に働かないだけでなく、胃が荒れるという報告もありますから、空腹時の葉酸サプリの摂取は止めておきましょう。

様々な食品に「葉酸」は含まれていますよね。

果物では、イチゴ、ライチに多いことが一般的に言われています。

あるいは、柿やアセロラ、キウイフルーツも該当しますし、または、かんきつ類も葉酸が豊富な果物に当たります。

葉酸の摂取の負担を少なくしたいとお考えの場合は、オレンジジュースを飲むのも良い方法だと言えますね。

妊婦や赤ちゃんにっとって、葉酸はたくさんの効果をもたらしてくれます。

とりわけて先天的脳障害を発症する可能性を抑える効果は最も注目したい効果です。

ですので、妊娠中に限らず、妊娠の計画を考えている女性は、母子ともに健康であるためにも、継続的に十分な葉酸をとることが良いでしょうとはいえ、毎日大量の野菜を食べることは難しいですよね。

サプリを利用すれば、毎日の葉酸摂取がそこまで負担にはなりませんので是非試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です